安いスマートウォッチが万能!3000円台エントリーモデルの使い勝手をレビュー




最近スポーツジムに通い、スタジオに集まった皆でやる「グループレッスン」で汗を流す系のプログラムにハマっています。1人だとモチベ続かないことがわかっているので、やらざるを得ない環境に身を置いて強制的に運動をしています(笑)

グループレッスンの内容は3ヶ月で更新されるのですが、1ヶ月程度で動きに慣れてきます。そうなると、次は動きを大きくして負荷を上げたくなるんですよね。せっかく負荷を高めるんだから、どれだけ効果があがったのか知りたいな〜と思っていると、会社の同僚からスマートウォッチがいいよと教えてもらいました。

今回3,500円のスマートウォッチを購入したので、購入した理由と使い勝手をご紹介します!

購入したモデル

これを買いました。

スマートウォッチの代表格といえばAppleWatchなんですが、現行モデルは4万円以上するので中々にお高め。また、目的がiPhoneのヘルスケアと連携出来るだけで良いと思っていたので、出来るだけ安いものを探している中で出会いました。Amazonのランキングでも1位、レビューの評価も良かったことが決め手となりました。

購入当時の価格は3,500円ながらも、目的であるヘルスケアとの連携(カロリー消費、心拍数、歩数、睡眠時間計測)が出来ること、またスマートフォンに来た通知をスマートウォッチで確認することが出来ます。3,500円でこれだけの機能が付いてるって凄すぎません??

スマートウォッチは様々なモデルが出ていますが、見た目や更なる機能を求めなければ、エントリーモデルでも十分だと思います。

実際の使い勝手

普通の腕時計としても機能することや、自分の健康とリンクするので、お風呂や睡眠中も基本的にはつけっぱなしです。使い始めて1年が経ったこともあり、良かった点ともう少しこうだったらなー!というポイントをまとめます。

良かった点

運動の邪魔にならない

スポーツジムで使うことを目的としていましたが、軽いし防水だしでバッチリでした。ジムで汗を流したあとのシャワー、スマートウォッチを付けっぱなしで浴びていますが、今のところ問題なく使えています。

充電頻度が少なくて済む

フル充電で大体6日持っているので、休みの日に3時間程度の充電で平日は乗り切れます。基本的には付けっぱなしにすることで自分の体の状態を計測するツールなので、外す機会が少なく済むのはストレスがなく良いです。

使いにくい点

充電がしにくい

充電するためにはスマートウォッチをバラす必要があり、これが地味に面倒くさいです。工具などは必要なく、スマートウォッチ本体とバンド部分をひねるだけでいいんですが、もう少し手軽に充電出来たらなーと感じます。

スマホと連携できていない時間帯、ヘルスケアのデータが一部落ちる

スマートフォンとスマートウォッチ、基本的にリアルタイムで連動しています。遠距離等で連携できていない時も、スマートウォッチ側でデータを持っているので、スマートフォンと連携できたタイミングでデータを送っているようです。

ただしこの場合、時間のデータが欠損するのか、連携できていなかった時間帯の消費カロリーなどは、連携できていなかった時間で按分されてしまいます。

エントリーモデルのスマートウォッチ、使い勝手バッチリです

3,500円なので最悪壊れたり無くしてもいいや、、、という気持ちで購入したアイテムですが、今となっては自分の中でのマストアイテムとなりました!エントリーモデルは安い価格で買えるようになっており、「Apple Watchほどの高機能はいらないけど、スマートウォッチに興味がある」という方、一度試す価値ありです。